スマホ買うなら「おサイフケータイ」機能ありにしよう!マイナンバーカードリーダー代替

筆者のスマホには、「おサイフケータイ」機能が搭載されている。所謂、NFCである。NFCとは「近距離無線通信規格」のひとつで、かざすだけで周辺機器と通信できる技術だ。

この機能が搭載されていれば、スマホに電子マネーの機能を持たせることができる。筆者は、楽天Edy・iD・QUICPayを利用している。ただ、これだけなら、別にQRコード決済で十分だと考えれば、特に必要ないと考える読者も多いだろう。


ただ、今年はマイナンバーカード発行済のユーザーには、5,000ポイント還元と云うキャンペーンが実施されることが決まっている。しかしながら、これにはマイナンバーカードを利用して、マイキープラットフォームから「マイキーID」を発行する必要がある。これには、“Internet Explorer 11”のブラウザ環境と、専用カードリーダーが必要となる。つまり、このカードリーダーを購入しないといけないのである。

常用するワケではないのにわざわざ購入?と云うことだ。実は、この専用カードリーダーは、NFC搭載スマホで代用できるのである。“Windows 10”のパソコンなどとスマホをbluetoothでペアリングすることで、その役割を果たすことができる。

また、スマートフォンからより便利にe-Taxをご利用いただけるようになりました。(令和2年1月6日)|e-Taxの記事から理解できるように、確定申告がマイナンバーカードとNFC搭載スマホがあれば簡単にできると云うことだ。

これらのことを考慮すれば、スマホ買うなら「おサイフケータイ」機能ありにしよう!と云うことがご理解頂けるだろう。
最終更新日:
*関連記事
*コメント
[Facebookのコメントシステムを利用しています]