タオルウォーマーの代わりに炊飯器?

タオルウォーマーの代わりに炊飯器を購入した。


帯状疱疹後神経痛になった昨シーズンの冬場は、温濡れタオルで顔面を温めて疼痛をおさえていた。就寝中に疼痛で何度も起きるが、その度にキッチンでポットから湯を注ぎ温濡れタオルを作っていたが寒くていけない。酷い疼痛だったので、時間との戦いでもあった。枕元に、ポットとタオルを用意してみたが、起様なのでこぼしたりと・・・。ストーブでタオルを温めるにしても時間がかかるし。

そこで今シーズンはタオルウォーマーでも購入しようと考えた。が、安物はおもちゃみたいな代物でも、かなりの額になる。どーせなら、電子レンジを購入して、タオルをチンするか?とか色々考えた末に、「そーだ!炊飯器の保温でいいじゃん!?」と云うことで、炊飯器を購入して“お古”を筆者のタオルウォーマーの代わりにしようと。実は、今の炊飯器はかなりボロくなってきたので、新しく購入してもいいかなぁ~と即決。

今の炊飯器は“3合炊き”なので、3回分くらいのタオルがちょうど入る。これで、枕元から即温タオルがゲットできる。ベリーグッドなアイデアである。安心して布団の中に居られる。就寝中は、酷い疼痛で3回以上は覚醒してしまうので、冬場の温タオルは必須なのである。

あぁ~しかしながら、帯状疱疹後神経痛になって、いろいろと費用がかかるようになった。薬代もバカ高いし、困ったものだ。
最終更新日:
*関連記事
*コメント
[Facebookのコメントシステムを利用しています]