リリカの断薬に向けて行動開始!

帯状疱疹後神経痛に悩まされて、はや8ヶ月以上経過。昨年暮れに、治療の遅れから悪化させてしまい、入院する羽目に・・・。結果的に、帯状疱疹後神経痛である。

現在、1日に以下の薬剤を服用している。
  • リリカOD錠150mg x 2錠
  • トアラセット配合錠「TC」 x 4錠 (トラムセット配合錠の後発品)
  • メコバラミン錠0.5mg「トーワ」 x 3錠
  • マグミット錠500mg x 2錠 (副作用の便秘を回避)
  • コンベッククリーム5% x 適量 (塗り薬)

リリカは1日300mgを服用しているが、これを1週間前より150mgに漸減中。筆者としては、前にも数回断薬したことがあるが、その度に疼痛が酷くなり断薬を諦めた経緯がある。一般的に云われるような副作用的な症状は一切出ないのだが、痛みが増すのは「ちょっとな~」と云う感じであった。

しかしながら、リリカは高価であり後発品もないことから、経済的な面から断薬したいと考えるようになったワケであり、今回の断薬に向けた行動を起こしたのである。

一気に断薬すると、また疼痛がぶり返すといけないので、まずは半分に漸減して、2ヶ月後を目処に断薬することにした。おそらく、このペースであれば疼痛のぶり返しは僅かであろうと云うことだ。

もともとリリカの効能に関しては、筆者の体質から云わせて貰えば“懐疑的”と思っていた。断薬で疼痛が酷くなったことを考えれば、それなりに効果はあったようにも思えるが・・・未だに“懐疑的”なのである。

いずれにしても、所謂“トラムセット”はよく効くので、6時間おきにキッチリ服用すれば大丈夫だろうと云うことだ。実は、“トラムセット”は、当初の疼痛が酷く1日の服用限界値である8錠を服用していたことがあった。しかしながら、その副作用である便秘が強烈で耐えきれなくなり、一気に4錠に減らした経緯がある。それでも、何とかやりくりして疼痛を抑えてきたので、今回も大丈夫だろうと安易に考えている。

帯状疱疹後神経痛、1年程度で、ある程度収まってくれればと思っているが、おそらく数年は続くのではないかと思っている。うまく付き合って、何とか乗り越えて行ければ・・・。

筆者の場合は、首から上左半分の顔面・頭部の疼痛であり、目の周りが特に酷く痛む。

※やはりひどい疼痛がぶり返す。漸減はもう少し先延ばしにしよう。
最終更新日:
*関連記事
*コメント
[Facebookのコメントシステムを利用しています]