首にできた老人性イボを自分でコロリと取る方法

前から気になっていた首にできたイボ君。何だか大きくなってきたので、何とか取りたいなと思っていた。色々調べてみると、一般的には皮膚科で処置する方法が一番だと云うことだ。しかしながら、医療費がかかる。当たり前である。医療保険は可。

更に自分で何とかできないかと調べてみると、糸でイボ君をくくる方法がある。ただ、自分でやるのは困難だろうと。そして、更に調べてみると、イボ君を取る専用のキットがあることを発見した。







10個のイボ君を取ることができる。専用の“輪っぱ”をイボ君の根本に装着し血流を止めて、イボ君を死滅させると云うのだ。糸でくくる方法と原理は同じだ。

専用の極小“輪っぱ”をコーンの小さい方に引っ掛けて、専用の穴の空いた棒で上から抑える、そしてコーンをイボ君にかぶせて、棒を押し下げて、イボ君に“輪っぱ”を掛けるのである。そうすれば、イボ君は徐々に黒く変色し1週間程度でコロリと取れる。

筆者の場合は、6日でコロリと取れた。これは使える。

商品は台湾から発送されるので送料がかかるが、99円と安い。郵便受けにこっそりと配達される。届くまでに17日かかった。
最終更新日:
*おすすめ記事
*コメント
[Facebookのコメントシステムを利用しています]